EDHECビジネススクールダブルディグリーの修了要件とQ&A・一覧

目次

EDHECビジネススクール・ダブルディグリーの修了要件とQ&A・一覧

アンのアイコン画像アン

コロナ下の中、2020年のフランス留学ってどんな状況?

2020年6月24日現在の時点でのキャンパス・フランス情報によりますと、7月1日より留学生の母国に関係なくフランスへの入国が開始されるとあります。

フランスの学期スタートは9月からですので、ビザの申請、家探しなどを考えるとギリギリの線でしょう。また場合によってはオンラインで受講する必要なども考えられます。

キャンパスフランス

EDHECダブルディグリーの修了要件

アンのアイコン画像アン

EDHECダブルディグリーの修了要件って?

留学準備を含めて、まだ時間がある。これからNUCBからEDHECのダブルディグリーを検討されている方。またはEDHECのMScの修了要件を知りたいという方向けに記事を書きます。

この記事を書いている筆者は2018年10月にEDHECのMSc in Management Studiesを修了しました。ですので、修了要件は当該プログラムの当時の経験に基づきます。

プログラムや入学年度によって、内容が異なる場合もありますので御留意ください。

外務省の渡航制限

受け入れ側のフランスが準備が整ったとしても、送り側の日本の状況を確認する必要があります。

6月24日時点で外務省の海外安全情報では、ヨーロッパ全土がレベル3の「渡航はやめてください(渡航中止勧告)」になっています。

  1. 「レベル1:十分注意してください。」
    その国・地域への渡航,滞在に当たって危険を避けていただくため特別な注意が必要です。
  2. 「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」
    その国・地域への不要不急の渡航は止めてください。渡航する場合には特別な注意を払うとともに,十分な安全対策をとってください。
  3. 「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」
    その国・地域への渡航は,どのような目的であれ止めてください。(場合によっては,現地に滞在している日本人の方々に対して退避の可能性や準備を促すメッセージを含むことがあります。)
  4. 「レベル4:退避してください。渡航は止めてください。(退避勧告)」
    その国・地域に滞在している方は滞在地から,安全な国・地域へ退避してください。この状況では,当然のことながら,どのような目的であれ新たな渡航は止めてください。

フランス渡航時における最新の情報を確認しましょう。

外務省渡航制限

EDHECダブルディグリーの修了要件

アンのアイコン画像アン

EDHECダブルディグリーの修了要件って?

留学準備を含めて、まだ時間がある。これからNUCBからEDHECのダブルディグリーの修了要件を纏めます。

  1. ·         Validated your academic Programme (50 ECTS)
  2. ·         Completed a minimum of 3 month’ work placement, (REMINDER : As final year students, all internship must end no later than December 31st of 2018)
  3. ·         Obtained at least the minimum score on one of  the official English tests recognized by EDHEC:
  4. ·         Achieved and defended the Master Project (10 ECTS)
  5. ·         Paid all the tuition fees and charges

これらの5つが修了要件になりますので順次説明していきます。

1. Validated your academic Programme (50 ECTS)

講義での取得必要な単位になります。

講義の中身に関しては、別記事で当時の感想を振り返っていますので、そちらをご覧ください。

あわせて読みたい
EDHEC・ダブルディグリープログラム・前期の講義・一覧(MSc in Management Studies)
EDHEC・ダブルディグリープログラム・前期の講義・一覧(MSc in Management Studies)【EDHEC・ダブルディグリープログラム・前期の講義・一覧(MSc in Management Studies) 】2017年から2018年に受講したMSc in Management Studiesとういプログラムの内容...

2. Completed a minimum of 3 month’ work placement, (REMINDER : As final year students, all internship must end no later than December 31st of 2018)

これはインターンシップの事です。例えば2020年9月の入学生の場合は、2021年12月末までに3ヶ月のインターンシップを求められます。これは実学を重視するビジネススクールならではで、フランスのグランゼコールのビジネススクールの場合は一般的な要求になっています。

しかし、NUCBのMBAに入学された時点で、もうすでに職務経験豊富な方が多いと思われます。私の場合も、会社からの在籍証明書とCVを提出してインターンシップは免除されました。

3. Obtained at least the minimum score on one of  the official English tests recognized by EDHEC:

これは修了要件でもあり、一般学生の入学要件にもなっています。ですので、入学申請を出した時点で、英語のスコアはクリアされているものと考えられますので、問題ありません。またNUCBのダブルディグリー学生にとっても入学要件になりますので、満たさなければならない英語のスコアとしてご参照ください。

  • TOEIC : 815 points,
  • TOEFL IBT (Inter-Based Test) : 86-87 points,
  • TOEFL CBT ( Computer-Based Test) : 225 points,
  • TOEFL PBT (Paper-Based Test) : 550 points,
  • IELTS : 6.5 points

4. Achieved and defended the Master Project (10 ECTS)

マスタープロジェクトというのは修士論文の事です。プログラムによってはケーススタディーでいいというものもありますが、MSc in Management Studiesでは修士論文が必須、担当教員の口頭諮問をパスする必要があります。

NUCBからのダブルディグリープログラム留学生の場合は、NUCBでケーススタディー、EDHECで修士論文を完了させる必要があります。

時間的にも労力的にも大変です。

私の場合、修士論文とケーススタディーを同期させる形(データ収集が一番時間が取られますので、修士論文で予めにデータを集めて置いて、ケーススタディーにも活用する手法)で進めました。

5. Paid all the tuition fees and charges

一般入学生は授業料の支払いが完了させましょう。

2020年6月時点での入学申請費用、授業料は下記のようになっています。NUCBからのダブルディグリーの留学生は支払う必要がありませんので、この条件は適用外となります。

  • APPLICATION FEES: €100
  • FEES: €20,700
  • APPLICATION DEADLINE: 31 JULY 2020
FEES INCLUDE:- 
  • Tuition fees
  • Access to the EDHEC Career Centre with personal career coaching during your studies and for the duration of your professional life
  • Access, as a matriculating student, to on-campus facilities (incubator, learning centre, sports facilities, etc.)
  • Lifetime access to the EDHEC Alumni community
  • Administrative fees

DDP入学要件のGMATに関するご質問などは、別記事で纏めましたので、そちらをご覧ください。

Furublog
EDHECダブルディグリープログラム(DDP)の入学要件 | Furublog
EDHECダブルディグリープログラム(DDP)の入学要件 | FurublogEDHECダブルデグリィープログラム(DDP)の入学要件NUCBビジネススクールからEDHECダブルディグリープログラムを目指す方、NUCBの入学を検討している入学検討者でダブルディ...

関連記事:

Furublog
ダブルディグリープログラムがある日本のMBA大学院一覧【日本と海外の2つの学位を取得】 | Furublog
ダブルディグリープログラムがある日本のMBA大学院一覧【日本と海外の2つの学位を取得】 | Furublogダブルディグリーとは?まずダブルデグリィーの定義ですが、ダブルディグリーとか、デュアルディグリーとか、世の中には色々な言い方があります。英語ではDouble Degree Pr...
あわせて読みたい
EDHECビジネススクールへのダブルディグリー・プログラム手順
EDHECビジネススクールへのダブルディグリー・プログラム手順【EDHECビジネススクールへのダブルディグリー・プログラム手順】国内ビジネススクールのダブルディグリープログラムの手順を知りたい人「 N U C Bビジネススクールの学...
Furublog
グランゼコールとダブルディグリープログラムを持つ日本のMBA一覧【日本と海外の2つの学位を取得】
グランゼコールとダブルディグリープログラムを持つ日本のMBA一覧【日本と海外の2つの学位を取得】グランゼコールとダブルディグリープログラムを持つ日本のMBA一覧【日本と海外の2つの学位を取得】ダブルディグリーとは?まずダブルデグリィーの定義ですが、ダブルディ...
Furublog
ダブルディグリー プログラム(DDP)のデメリット?メリットとは? | Furublog
ダブルディグリー プログラム(DDP)のデメリット?メリットとは? | Furublogダブルディグリー プログラム(DDP)のデメリット?メリットとは?ダブルディグリーとは?まずダブルデグリィーの定義ですが、ダブルディグリーとか、デュアルディグリーと...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる