2021・冬山登山・初心者・モンベル・伯耆大山から学ぶ装備リストの一覧

目次

2021・冬山登山・初心者・M.O.C.ツアー(モンベル・アウトドア・チャレンジ)伯耆大山ツアーから学ぶ装備リストの一覧

アン

冬山登山を始めたいんだけで、装備ってどんなものがいるの?

アンちゃん、雪山登山ってハードルが高いですよね。

無雪期の登山では、そんなに費用がかからないけど、雪山登山になると費用が大きくかかります。

また登山技術や知識に関しても無雪期の登山とは異なってくるよね。

この記事では、筆者が2020年の年末に冬山登山を始めて、その際に揃えた装備の経験を基に纏めています。

まずは、必要な技術や知識を習得する為にM.O.C.ツアー(モンベル・アウトドア・チャレンジツアー)に申込ました。

M.O.C.ツアーの概略は以下の通りです。

◉日程:2020年12月23日〜24日の2日間

◉イベント名:公認山岳ガイドが指導する雪山技術実践講習会 アイゼンワークと伯耆大山2days

◉費用:47,000円

 GOTOトラベルによる給付額:14,000円 地域共通クーポン : 6,000円

 実質の負担額:27, 000円

◉料金に含まれるもの:ガイド料、保険料、消費税、1日目夕食、2日目朝食、宿泊代金(弥山館)

◉料金に含まれないもの:2日目昼食

◉参加者:2名(筆者と岡山からきたアメリカ人)

今回の冬山登山に備えて新調した装備リストを揃える前に

今回の伯耆大山の冬山登山に備えて新調したアパレル・ギアのリスト、費用を纏めます。

M.O.C.ツアー(モンベル・アウトドア・チャレンジツアー)では必要な持ち物をリストで参加者に伝えてくれます。

参考商品というのがあり、全てモンベルの商品が紐づけられていますが、モンベルの商品を必ず購入する必要はありません。

持ち物に関しては、下記のように注意事項として書かれている案内が届きます。

WEB詳細、もしくはお申し込み頂いた際の持ち物リスト(お電話にて申込みの方)をもとに十分な装備をご用意ください。なお、必要装備をご用意頂けなかった場合や、忘れて来られた場合は、お客様の安全を考慮し、出発前に参加を見合わせていただく場合がございます。その場合は当日の出発キャンセル扱いとさせて頂きます。

という注意書きがあります。

せっかく、スケジュールして、体力をつける為にトレーニングしたり、レンタカーを借りたり、バスを予約したりして、必要な装備が足りなかった為にキャンセル扱いになったら、とても残念ですので、モンベルショップの講習経験のある方に相談しながら、装備を揃えらることをおすすめします。

服装(アパレル)のリスト一覧

服装実際に購入した商品費用(円)備考
オーバージャケットモンベル・ストリームジャケット22,000モンベル・ファクトリーアウトレットで購入。ストリームパーカーとストリーム・ジャケットがありますが、違いは後者がフード部分がゴア・テックスかどうかといところです。
オーバーパンツモンベル・アルパインパンツ27,5002019年モデルと2020年モデルでは素材の質感がかなり違います。2020年モデルはソフトシェルのような質感に。また足の長さのサイズ感が異なります。筆者は足が短めなのでXL-Sを正規で購入しました。
サーマル(中間着)モンベル・ノマドジャケット13,200普段用としても重宝しています。実際に山歩きしだすと暑すぎるので、登山中は使用しませんでした。避難小屋などで長期の休憩が余儀なくされる場合に、寒くなるので着用しました。
靴下モンベル・メリルウールアルパインソックス2,420使用する靴下を着用して登山靴を選ばれることをおすすめします。靴と靴下がしっかり防寒対策が取られていないと低体温などの原因となります。
目だし帽(バラクラバ)モンベル トレッキング アクセサリー ジオラインL.W.バラクラバ 1107500 BK S/M2,288アマゾンで購入しましたが、今回は使用しませんでした。
防寒用帽子モンベル・ストレッチクリマプラス200 ボルカノキャップ2,200ネックゲータにもなるので、兼用として購入しました。吹雪の際に耳がつめたくなり、これは重宝しました。普段、冬の寒い時期に自転車に乗る際にも使用しています。
インナーグローブ(冬山)
SIMARI グローブ 手袋
1,300※乾きが早く暖かいものを必ず着用してください。
※濡れた場合のことも考えて予備として2つお持ちください。
オーバーグローブ(冬山登山)モンベル・アウトドライ・アルパイングローブ9,000グローブ本当に大事です。6合目の避難小屋に入るのに素手でアイゼンを装着していたら、指が凍傷になりかけました。目標はオーバーグローブをつけたまま、アイゼンを取り付けられるようにです。
グローブリーシュモンベル・グローブ・リーシュ500グローブリーシュを手袋につけたら、基本手袋を脱ぐ時でも、手袋は腕に垂らしたままで、どこかに置くことはないです。
手袋予備(冬山登山)ブラックダイヤモンド(Black Diamond) ソロイストフィンガー 11,495冬山で手袋が濡れたり、風で飛ぶと致命的です。凍傷などにならないように、必ず予備の手袋をご準備ください。交換用の手袋などありますので、ご自身のオーバー手袋との相性をお確かめのうえお持ちください。
靴下予備(冬山登山)モンベル・メリルウールアルパインソックス2,420冬山で靴下が濡れると凍傷の恐れがあります。必ず予備の靴下をご準備ください。
小計94,323

装備(ギア)のリスト一覧

装備(ギア)実際に購入した商品費用(円)備考
登山靴(雪山)モンベル・アルパインクルーザー 280025,000ヤフオクで雪山登山で1回しか使用していない美品が出品されていて購入しました。雪山用の登山靴は思いのほか硬く、大山登山前に低山で3週間ほど足慣らしをしました。2021年2月頃には待望の幅広タイプが発売予定。
アイゼン(12本爪など冬季縦走用)LXB-12アイゼン18,480ワンタッチのLXFー12アイゼンとセミワンタッチのLXB-12アイゼンがありますが、どちらもワンタッチでありません。カジタックスはモンベルの子会社ですが、説明書に書いてある靴のサイズとは整合性が取られていません。ショップへ登山靴を持っていて、店員さんに合わせてみてもらいましょう。靴をはいたまま装着できるように、自主トレしていました。
ロングスパッツGORE-TEX イージーフィット ロングスパッツ6,490ゲイターともいいます。深い雪の中をラッセルしたので必要でした。アイゼンを使用するのが初めてでしたので、雪滑り(シリセード)をした際に、少し破けてしまいました。
ピッケルグリベル(Grivel) ピッケル Gゼロ ブラック 58cm GVPIG0S 【日本正規品】9,522初心者にはベントタイプを推奨する本もありましたが、高いので真っ直ぐのピッケルを購入しました。急な斜面やシリセードのブレーキ用として重宝しました。
2ウェイピッケルリーシュグリベル(Grivel) ピッケル用オプションパーツ ショルダーリーシュ GVPJSL 【日本正規品】3,000山岳ガイドさんはリーシュなしでしたが、指定してあったので購入しました。
ヘルメットモンベル・L.W.アルパインヘルメット9,790L.W.(軽量)タイプです。夏山も想定して暑くない白色にしました。モンベルのアルパインヘルメットはフリーサイズで頭と顔の大きい筆者には小さかったので、L.W.アルパインヘルメットにしました。伯耆大山登山講習ではガイドさんもつけていなかったので、使用しませんでした。
ハーネスモンベル・L.W.シットハーネス5,940ハーネスにカラビナをつけて、ピッケル受けにするしか使用しませんでした。個人的には伯耆大山登山では不要かと。
安全環付きカラビナ(変形D型)ビーム スクリューゲート2,200ネットショッピングでも調べましたが、モンベルと価格差があまりなく、モンベルで購入。
パック(ザック)PaaGo WORKS(パーゴワークス) BUDDY 33 バディ33 HP-902 アーバングレー15,000PayPayのポイントがもらえるイベントで購入。安く購入できました。外側のポケット部分(取り出し安い)にアイゼンや水筒が入り便利。
テルモス(魔法瓶)象印マホービン(ZOJIRUSHI) 水筒480ml マットゴールド SM-SD48-NM2,526マホービンは、モンベルやスターバックスで購入しないで、象印のコスパが高いと考えています。
サングラストレールグラス ワイドレンズ PL9,790ワイドのグラスで可視透過率25%で選びました。12月の伯耆大山登山では使用しませんでした。
ゴーグルSWANS(スワンズ) スキー スノーボード ゴーグル 5,180こちらもショップ店員にマストと言われて購入。必要かどうか迷ったので、ネットショップで安価なものを購入。ホワイトアウトの状況でも使用しませんでした。
ヘッドランプTinzzi (第2世代)ヘッドライト 充電式 センサー機能付き 赤&白LED2,095早朝、日がのぼる前に登山する日常用に重宝しています。
予備電池POWERADD モバイルバッテリー EnergyCell II 10000mAh2,000寒冷地ではスマートフォンのバッテリーの消耗が激しいので、今回の冬山登山用に購入しました。
参加チケットGOTO対象イベント27,000チケットは事前にMOCから郵送、または店頭にてお渡します。同意書にサインをして当日イベントへお持ちください。
小計144,014

初めての冬山登山(日帰りベース伯耆大山)でかかった費用の総額は?

アン

結局なんぼしたんや?

アンちゃん、言葉が荒々しくなってるね。

最初に言った通り、無雪期から積雪期に登山を始める前に大きなハードルとなるのが費用です。そして、冬山登山特有の知識、技術が必要になります。

それを学ぶ為に、M.O.C.ツアー(モンベル・アウトドア・チャレンジ)伯耆大山ツアーに申込み、山岳ガイドさんについてもらって伯耆大山へ登りました。

合計すると服装で94,000円プラス、装備で144,000円。合わせて、約238,000円の費用になりました。

この費用には、伯耆大山へ移動する為のバスやレンタカーの費用、前泊する為の宿泊費用は含まれておりません。

宿泊は米子市内のビジネスホテルや皆生温泉からも伯耆大山へはアクセス便利です。

総合旅行予約サイトの楽天トラベル

まとめ

冬山登山には夏山登山と違った魅力があります。初めての冬山登山として選んだ伯耆大山は独立峰で日本海側に面し、毎日の天気が目まぐるしく変わります。

頂上まで行けるも日によって、大きく変わってきます。

M.O.C.ツアー(モンベル・アウトドア・チャレンジ)の2日目に伯耆大山の登頂を目指しましたが、風の影響で7合目で撤退しました。

翌日に単独で山頂を目指し、講習で学んだ事を活かして登頂する事ができました。

ホワイトアウトになった時、最悪の事態を想定して、地図の作り方やコンパスの使い方を学んだ事が役に経ちました。

それでは、楽しい登山ライフを。

初めての冬山登山の為に、準備した装備や費用の一覧をまとめました。

アウトレットやオークション、ネットショッピングのイベントなどを利用して、なるべく費用を抑える方法もあります。

正規品で揃えると、30万円は超えていたでしょう。

これから冬山登山を始めようとされる方、M.O.C.ツアー(モンベル・アウトドア・チャレンジ)に参加を検討されている方の参考になりましたら幸いです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる