MENU

Inspired by true events と Based on a true story違い

2020 1/29
目次

“Inspired by true events” と “Based on a true story”の違い

最近、アマゾン・プライムの映画が劇場公開より早くて驚く。(年配のブログ読者の為に補足しておくと、アマゾン・プライムとは月々の会員費用を支払い、インターネット上で動画をみるサービスである)

イントゥ・ザ・スカイがそれである。2020年1月17日に全国公開の予定だが、アマゾン・プライムではもう見れるのである。

この映画の感想はない。映画館の閉ざされた中で観る映画は、それだけに集中し、そこにフルコミットメントで物語に没入するので、展開を考えたり、感動もするが、パソコン画面で観たイントゥ・ザ・スカイ
に思うところはない。

“Inspired by true events” と “Based on a true story”の違い

今回気になったのは、この映画の最初に出てくる”Inspired by true events ” (実話から着想を得た物語)。なぜなら前回紹介した、フィッシャーマンズ・ソングが “Based on a true story” (実話に基づく物語)とあり、何が違うのか、その点に関心を持った。

という事で、今回のシネマ鏡もちでは、その違いについて紹介したい。

●”Based on a true story” というのは、登場人物、その場所、出来事が本当だが、物語がある程度フィクション化されていることを示唆している。

●”Inspired by true events ” というのは、登場人物、その場所、出来事はフィクション化されているが、物語自体は実際にあった事を示唆している。

例えば、”Based on a true story”であるフィッシャーマンズ・ソングは、実際に漁師たちがいて、レコード会社の人間がその村に来て、漁師をスカウトし、イギリスの音楽チャートで9位にチャートインをした。漁師のリーダーの娘のオーウェンとレコード会社のダニーの恋話は作り話だろう。物語を豊かにするスパイスみたいもんだね。

“Inspired by true events ” である、イントゥ・ザ・スカイは、イギリスの気象学者ジェームズ・グレシャーによる1862年の気球による高度記録を描いた物語。それ自体は実際にあった話。しかし、気球操縦者は本当は男性だったが、架空の女性アメリア・レンに置き換えられている。

実際、世界初の女性職業気球乗りは、フランス人のソフィー・ブランジャールだが、この高度記録の40年以上前に気球の事故で亡くなっている。それにしてもフランス人の女性はたくましいね。

という事で、実際の映画鑑賞はスクリーンで是非。

ではでは…。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる