早稲田大学ビジネススクールがAACSBを取得【ダブルディグリー】

目次

早稲田大学ビジネススクールがAACSBを取得【ダブルディグリー】

以前買いた記事「ダブルディグリープログラムがある日本のMBA大学院一覧【日本と海外の2つの学位を取得】」で2つの国際認証を持つ国内ビジネススクールは慶應大学ビジネススクール(KBS)と名古屋商科大学ビジネススクール(NUCB)としたが、最近アップデートがあった。

早稲田大学ビジネススクールがAACSBを2020年2月に取得したと公表した。(国際認証AACSB取得が決定_)早稲田大学ビジネススクール(WBS)はこれまでにヨーロッパの国際認証期間であるEQUISを2019年に取得したので、これで2つの国際認証期間を取得した事になる。

なお、日本のビジネススクールで、2つ以上の国際認証を持つのは、

まとめ
  • 名古屋商科大学ビジネススクール(NUCB):AMBA、AACSB
  • 慶應義塾大学ビジネススクール(KBS):AACSB、EQUIS
  • 早稲田大学ビジネススクール(WBS):AACSB、EQUIS

となり、2つの国際認証を持つ国内のビジネススクールは合計3校になった(2020年2月時点)。

早稲田大学 大学院経営管理研究科
国際認証AACSB取得が決定
国際認証AACSB取得が決定早稲田大学ビジネススクール(以下、WBSという)によるAACSB(下記注記参照)の国際認証の取得が、2020年2月に決定しました。これにより、昨年3月に取得したEQUISと合わせ...

ビジネススクールを認証する国際認証としては主に下記の3となります。3つの主なビジネススクール認証機関は、

一覧
  • AMBA(the Association of MBAs)
  • AACSB(The Association to Advance Collegiate Schools of Business)
  • EQUIS(European Quality Improvement System)

であり、

この3機関全ての認証を受けている大学は「トリプルクラウン」と呼ばれており、全世界のビジネススクールの中の約1%しかないと言われている。

日本にはまだ「トリプルクラウン」を持つビジネススクールはないので、今後の国内ビジネススクールの差別化を図る上では、この3校の内、どこが日本初のトリプルクラウンを達成するかが一つの焦点になるだろう。

関連記事:

Furublog
ダブルディグリープログラムがある日本のMBA大学院一覧【日本と海外の2つの学位を取得】 | Furublog
ダブルディグリープログラムがある日本のMBA大学院一覧【日本と海外の2つの学位を取得】 | Furublogダブルディグリーとは?まずダブルデグリィーの定義ですが、ダブルディグリーとか、デュアルディグリーとか、世の中には色々な言い方があります。英語ではDouble Degree Pr...
あわせて読みたい
関西にあるMBAの比較【ビジネススクール側の戦略からみた入学検討の始め方】
関西にあるMBAの比較【ビジネススクール側の戦略からみた入学検討の始め方】【関西にあるMBAの比較【ビジネススクール側の戦略からみた入学検討の始め方】】関西にあるMBAの比較をしたい方。「これから関西にあるMBA大学院への入学を検討されて...

コメント

コメントする

目次
閉じる