MENU

人事面談【EDHECキャンパス日記】

2020 2/09
人事面談【EDHECキャンパス日記】
目次

人事面談【EDHECキャンパス日記】

Talent Identification & Career Development という事で、1日かけて自己能力分析と能力開発を行う。

まずアセスメントセンターの訓練でジュリアと面談。自分をさらけだすような質問を多くされて、今傷心しているところだ。

ジュリアは人事マネジメントの教授で、ドイツ人。パワフルだよ。

なんでこういう面談が苦手かというと、もともと自分のうちをさらけだす事が得意ではないから。それを表に出すのが得意ではないところにきて、トリッキーな質問をされるので、出さざるを得ない。

それが、面接官の意図。

例えば、彼女が面接官として

  • 私があなたを雇うべきでない理由はなに?
  • あなたにとって一番辛い状況はなに?
  • あなたが分析能力を発揮できる状況はなに?
  • あなたが想像能力を発揮出来た状況はなに?

とくると、思いもよらない質問なので、回答に困る。

いろんなフィードバックをうけたが覚えているものから答えると。

全ての質問はビジネスに関わるものだから、ビジネスかといちいち質問するなということ。

リーダーシップについて、聞かれてもいないのに自分から弱みをいうなということ。

質問に関しては、ある時は詳細すぎて、ある時は短すぎるので、ど真ん中のGo on straight で来いということ。

サマリーを入れろということ。フロンティアスピリッツに関して。EDHECでの初めての経験に関して。新市場に関して。これまでの事業開発の経験に関して。

面談に聞かれている事に関して、STARを使えと 

  • S:Situation 状況
  • T:Task 任務
  • A:Act 行動 
  • R:Result 結果

あなたの説明には状況しかないから、任務、行動、結果を入れること。

CV(経歴書)に関して、High Level Back Groundを入れること。詳細をいれずに、大きな視点で見たレベルの高い経歴を入れる事。

まあ色々言われたけど、後になってこういう事の繰り返しが役にたつ事に気づく。

流石にこの時は、「40歳になってからこんな事やるのかー」と。

気が重たい1日を終えた。

この記事を書いた人

自由度の高い発信を求めて2019年11月よりFurublogを開設。雑誌や新聞で幅広く活躍中。鮮魚店配達、料理人、うどん打ち、電気工事士、デパートの早朝掃除、事業開発など様々な職種を経験。フランス留学、食文化、温泉、時事ネタなど独自の視点で発信。

コメント

コメントする

目次
閉じる