巨石巡礼・兵庫県淡路・イザナギ神宮から最寄りの石上(いわがみ)神社・神籠石(ひもろぎいし)

目次

巨石巡礼(兵庫県淡路)イザナギ神宮から最寄りの石上神社

淡路島というのは近くて遠い

神戸から車で1時間ほどで行ける場所にあるが、明石海峡大橋をわたると往復で5000円(ETC料金)で取られる

訳のわからないGOTOキャンペーンをやるのもいいが、高速料金を無料にすれば自動的に人の行き来も増えて自然来るのではないのだろうか

現在の財務大臣の麻生さんが総理大臣の時に高速料金を全国どこで降りようと1000円均一にしたが、あの時に淡路島に行った以来である

自然はいい

淡路島の景色と空気を感じているだけで癒される

イザナギ神宮によった後に岩上(イワガミ)神社へ立ち寄る事にした

イザナギ神宮からは3キロメートルほどとあるが、ナビでもはっきりと出ず、狭い道を通って向かう

途中には棚田が広がり、大きな家がぽつり、ぽつりと目に入って来る

ここから200メートルという看板の前に車1台止めれるスペースがあり

そこから徒歩

車で上がれなくもないが、急坂で枯れ葉が落ちており、徒歩であがる

ちなみに多分、岩上神社までは200メートル以上に感じる

最近は研究に没頭する哲学者はゼェゼェと息を荒らす

運動不足だろう

坂を登ると分かれ道が、岩上神社まであと70メートルとある

多分、ここからあと200メートルほどあると体感するであろう

岩上神社

人気のないお寺の前に多くののぼりが

この階段を上がれば岩上神社へ

巨石

岩上神社からさらに少し登ると神籠石(ひもろぎいし)が

神籠石(ひもろぎいし)の向こうには淡路島が絶景が

神籠石(ひもろぎいし)、高さ約12メートル、周囲約16メートル、ゆでたまご型のりんかくで岩肌

神の降臨を待って祭りを行なったもので「ひもろぎのお岩さま」ともよばれる

神社の創立は1541年に領主柳沢隼人佐藤原直孝が、大和国石上神宮(今の奈良県)の分霊を迎え祭祀したのが始まりだといわれる

岩上神社

長い階段にはもみじが多いつくし

秋には紅葉がきれいになるなと予感させてくれます

加賀百万石より来訪された哲学者も「いいものを見た」と感慨深けに社殿を眺めていました

アクセス

イザナギ神宮から3キロメートルほど

車では約7分

道が狭いのとナビではうまく表示されないケースがあるので注意が必要です

あわせて読みたい
黄泉の国へのエントランス・花の窟(はなのいわや)神社・熊野・巨石・巡礼
黄泉の国へのエントランス・花の窟(はなのいわや)神社・熊野・巨石・巡礼【黄泉の国へのエントランス・花の窟(はなのいわや)神社・熊野・巨石・巡礼】2019年のラグビーワールドカップの決勝は3連休みという事もあって、三重県のホテルはど...
あわせて読みたい
大台ヶ原・大蛇嵓・ラグビーW杯日本大会決勝の日・下北山温泉
大台ヶ原・大蛇嵓・ラグビーW杯日本大会決勝の日・下北山温泉【大台ヶ原・大蛇嵓・ラグビーW杯日本大会決勝の日・下北山温泉】3連休みで人がいっぱい奈良県にある大台ヶ原。三重県との県境にあり、三重南部に用事があったので寄り...

コメント

コメントする

目次
閉じる