MENU

フランスの長屋生活【シェアハウス・クレパのバレンタインデー】

2020 2/15
フランスの長屋生活【シェアハウス・クレパのバレンタインデー】
目次

フランスの長屋生活【シェアハウス・クレパのバレンタインデー】

最近、日本でも義理チョコというのがなくなって良かったなーと思う。

で、会社なんかでバレンタインデーの様子を見ていると女性同士がチョコレートを交換していて、おじさまに配る義理チョコなんかより見ていて微笑ましい。

会社のエレベーターであった保険の外交員の方からチョコをもらったのが唯一のチョコレートで、勧誘されちゃったけど。ビジネスのツールとしてバレンタインは丁度いい塩梅といったところでしょう。

フランスでは、愛する日と過ごす日、バレンタインデー。男性から女性に贈り物をし、女性は基本的に何もしないで良い日。

Paulでもハート型を形どったケーキが多く並ぶ。

バレンタイデーの思い出は、クラスメートのニーナとマチルダが、クレープパーティーに誘ってくれた事。

キッチンが広いというので、シェアハウスでニーナが準備してきた生地を焼いてパーティーを開いた。

若い子たちは、「クレパ」といって、なんの事かと思っていたらクレープパーティーの略とようやくわかった。

ニーナ

クレープは、本当は2月2日に食べるの。「ラ・シャンドルール 」といって、カトリックの儀式で、冬の厳しさと春への期待という丁度移り変わりにみんなでクレープを食べるの。

フル

へぇーそんなんだ。面白いね〜

今日は2月14日、バレンタインデーでクレパの日とは違うんだけで、私たち若いから、そんな事気にせずにクレパ楽しんじゃおう

ということで、元々はキリスト教の由緒正しき儀式で、来たる春を喜び、古い小麦粉をなるべくこの日に使い切り、新しい小麦を招き呼び寄せる儀式のようだが、若い子たちはそれも一つの遊びとして楽しんでいるようだ。

本当は家族と過ごしながらクレープを沢山食べるらしいけど、みんな学校で家族から離れているからクラスメート4名で集まった。

そのようなカトリックの習慣で、バレンインデーの日から節食を心がける前に、沢山食べる事のできるクレームパーティーを家族で楽しむらしい。

クレープは小麦粉、卵、ビールを加えた生地を焼き上げ、具材はチーズ、ハム、生のマッシュルームとか普段の生活でフランス人が食べるようなもので、日本で売っているクレープとはイメージが違う。

枚数を沢山焼いて、何枚食べたか覚えてないが、このような質素な具材だけ5、6まいは行ける。

合わせる飲み物はブルターニュ地方で有名なリンゴを発酵させたアルコール分の低い「シードル」である。

しょっぱいものを食べた後に、甘いものを食べる。

甘いクレープとしては、ヌガー、チョコ、マロンクリーム、ジャムなどをつけてデザートとして楽しむ。

クレパ
あわせて読みたい
フランス長屋生活の始め方【シェアハウスで学ぶ食の多様性】
フランス長屋生活の始め方【シェアハウスで学ぶ食の多様性】【フランス長屋生活の始め方【シェアハウスで学ぶ食の多様性】】今後、フランスに留学を検討されている方。シェアハウスってどんな生活?知らない外国人と一緒に暮らす...
あわせて読みたい
フランス長屋生活【シェアハウスで学ぶ多様性】
フランス長屋生活【シェアハウスで学ぶ多様性】【フランス長屋生活【シェアハウスで学ぶ多様性】】久しぶりに日記の続き。シェアハウスは基本的にお互いのプライバシーが保たれている。1Fのキッチンとリビングが共同...
あわせて読みたい
フランスの共同住宅事情【長屋が多い理由?】
フランスの共同住宅事情【長屋が多い理由?】【フランスの共同住宅事情【長屋が多い理由?】】最近、ヨーロッパに住む友人から「ヨーロッパでは長屋が多いのなぜ?」という素朴な疑問を頂きました。確かに私もフラ...

この記事を書いた人

自由度の高い発信を求めて2019年11月よりFurublogを開設。雑誌や新聞で幅広く活躍中。鮮魚店配達、料理人、うどん打ち、電気工事士、デパートの早朝掃除、事業開発など様々な職種を経験。フランス留学、食文化、温泉、時事ネタなど独自の視点で発信。

コメント

コメントする

目次
閉じる