MENU

【パリ紀行】バーガーキングのアメリカ人

2020 6/02
【パリ紀行】バーガーキングのアメリカ人
目次

バーガーキングのアメリカ人

バーガーキングのアメリカ人

パリでの宿泊は予約をミスして、急遽ホテルの従業員に言って違うホテルを予約してもらった。

120EURで共同トイレのホテルで1泊過ごす。こんな質のホテルがこの値段で。

他のホテルが満室だから、このシーズンでもパリの需要は衰えない。

GARE DE L’ESTのバーガキングで朝食。韓国系の店員とアメリカ人と思われる夫婦客のやりとりが面白い。

エッグ&ベーコンを3.5ドルと呼び、エッグの焼き方をウェルダンと注文するご婦人。

バーガーキングに来たことがないのだろうか。

ご主人は「Do you understand?」とご婦人を擁護する。

「ナプキンをくれ」とご主人。

トレイにあるのを店員に指摘されると、「もう2枚くれ」とさらに要求。

テーブルを拭くのに必要だからと必死に自分がトレイのナプキンを気づかなかったことを言い訳する。

一度席についた夫人がまた戻ってきて、「砂糖とケチャップをくれ、いくらだ?」と聞く。

なんでも有料が染み付いているのだろう。

もちろん店員はお金を要求しない。

バーガキングで少し、パソコンを打ち、ルーブル美術館へむかう。パリの地下鉄は慣れたものだ。グーグルマップで地下鉄の乗り継ぎが出てくる。

外国人に地下鉄の乗り方を聞かれたが、教えられるほどに。ネットがつながれば楽勝である

あわせて読みたい
【金沢・しずる】ホワイトマヨネーズで食べるお好み焼き
【金沢・しずる】ホワイトマヨネーズで食べるお好み焼き【【金沢・しずる】ホワイトマヨネーズで食べるお好み焼き】当ブログについて2020.05.20当ブログは、「しずる」を応援する第三者によって運営されています。新型コロナ...
あわせて読みたい
上野・あんみつ・みはし・東京はスゴかった
上野・あんみつ・みはし・東京はスゴかった【上野・あんみつ・みはし・東京はスゴかった】ダブルソフトクリームにする魅惑東京に来て驚いた事がある。あんみつが美味しい。このあんみつの美味しさは衝撃だった。...

この記事を書いた人

自由度の高い発信を求めて2019年11月よりFurublogを開設。雑誌や新聞で幅広く活躍中。鮮魚店配達、料理人、うどん打ち、電気工事士、デパートの早朝掃除、事業開発など様々な職種を経験。フランス留学、食文化、温泉、時事ネタなど独自の視点で発信。

コメント

コメントする

目次
閉じる