記事が更新できない・エラーメッセージ: 返答が正しい JSON レスポンスではありません【stork19編】

目次

記事が更新できない・エラーメッセージ: 返答が正しい JSON レスポンスではありません【stork19編】2020年2月26日更新

昨日、長文の記事を書き下書き保存したら、記事がうまく保存できなかったので、調査しました。

使用環境は下記の通りです。

  • 使用PC: MacBook Air (13 inch, 2017)
  • WordPress ver. 5.3.2 
  • 使用OS: mac OS Catalina Version 10.15.12
  • 独自ドメイン: blog-furukawa.com 
  • パーマリンク設定: https://blog-furukawa.com/sample-post/

どうやら他のウェブ記事を見ると、Classic Editorをプラグインすると解決するとの事で、早速実行しました。

Classic Editorを有効化すると、記事が下書き保存、更新できました。

でも、なんか投稿テンプレートが見た目が違います。

以前、ライブドアブログからワードプレスに移行して、strok19を購入することにしました。

ライブドアブログの移行した記事は、stork19のデフォルトの記事と見た目が異なります。

Classic Editorとブロックエディターの違いもよくわかっていなかったのですが、ブロックエディターは最近、導入されたばかりの新しい編集機能らしいです。

これもつい1週間前ほど知ったのですが、Stork19のブロックエディターは超便利。

初心者でも簡単に記事にアコーディオンやボタンを追加できたりします。

下記にStork19の公式インストラクションがありますので、添付します。

STORK19
STORK19のブロックエディタ(Gutenberg)対応について - STORK19
STORK19のブロックエディタ(Gutenberg)対応について - STORK19STORK19のブロックエディタで使うことができる「オリジナルブロック」を紹介します。 WordPress5より追加されたGutenbergブロックエディタにて、簡単にデザイン性の高い装...

Stork19の便利なブロックエディター機能がある事を知ったのは、購入後1ヶ月ほど経ってからで、なんで便利な機能を今まで知らなったと言う位に無知でした。

Classic Editorを有効化して、投稿ページの右下から「ブロックエディターの切り替え」が選べます。

ですが、困った事があります。

ブロックエディターに戻すと、また記事が保存、更新できません。

その便利な機能を体験できた者にとって、ブッロクエディターが使用できないstork19は、魅力が半減したような状態です。

例えて言うなら、パリに行って、ルーブル美術館を観れなかいような続くのと同じような感じです。

Stork19のブロックエディターが使用できるようにするための対策を調査中ですので、また分かりましたら報告させて頂きます。

もし、改善案がありましたらコメント頂けますと有難いです。

Stork19に問い合わせする前に確認したい事

Stork19にお問い合わせする前には、下記の事項をまず確認ください。

〜引用始め〜

お問い合わせ前に、以下のチェックをお願いしております。

OPENCAGE
使い方に関するお問い合わせ | OPENCAGE
使い方に関するお問い合わせ | OPENCAGE使い方に関してご不明な点がございましたらお問い合わせくださいませ。 お問い合わせ前にご確認いただきたいこと お問い合わせ前に、以下のチェックをお願いしております。...

2020年2月26日の改訂情報

しばらく解決策を模索してみてようやくブロックエディターが安定してきました。

 

クラシックエディターのプラグインを有効化したまま、ブロックエディターに切替えます。

その後、試して安定した方法は、私の場合ですが、、、ワードプレスから一度ログアウトして、ログインする方法です。

ワードプレスログイン

今のところこのシンプルな方法で、ブロックエディターが安定的に使用できています。

追記箇所:

2020年3月12日現在、たまにですがブロックエディターが更新できない事象が発生しています。いくつか試行錯誤して、問題を解決する方法(私の場合)は下記の通りです。

1. ログオフせずにホームボタンを押して、ここからワードプレスを編集する。

2. ホームページボタンを押すと、ここから編集ボタンが出てくる。ここから新規投稿を作成する。

3. ブロックエディターで題名をなんでもいいので入力し、下書き保存してチェックする。

今のところこの方法を用いるとブロックエディターでの新規投稿、保存が私の場合できますので、備忘録として保存します。




 

コメント

コメントする

目次
閉じる