天神の湯【高槻駅前の開放的な露天風呂】

目次

天神の湯【高槻駅前の開放的な露天風呂】

出張で大阪に。

高槻に住む友人と「行きつけの高槻のバーにいきましょう」という話をしていたので、どうせなら夕食の後に移動するのは避けたいと思い高槻のホテルを泊まる事にした。

ワークスホテルアネックス・天神の湯は温泉付きのホテルで、価格もリーズナブルなのでここにした。

高槻駅の南口を出て、松坂屋に向かい商店街を通り抜けたところにある。高槻の商店街というのは、初めてきたが賑やかしいところだ。飲み屋もたくさんあるし、下町にある八百屋やスーパーなどもたくさんある。

閉店間際の八百屋で最後で200円というみかん一袋と高槻名物なのか1個70円というビーフコロッケと黒豆コロッケ買って、ホテルで小腹を満たす。揚げたてで、これがなかなかいける。

「天神の湯」の名前の由来は、どうやら学問の神様・菅原道真からとったようだ。露天風呂には三聖の湯という3つの壺湯があって、(書の)3聖というのは天神の菅原道真、空海、小野道風と書かれていた。

ここのオーナーはフジワークホテルマネジメンントという会社で、本社は大阪にあるが、なんで菅原道真を温泉の名前につけたかは不明である。

温泉は無味無臭で、露天風呂は大きく、都会のど真ん中にあるので都会を一望しながら温泉に入れるのが魅力。

牛の石像が玄関前にあるのが目印。1Fにはカフェもあり、入り口がわかりにくい。

開放感のある露天風呂。

源泉かけ流しらしい。

高槻駅前にあるバー。店がボトルで埋めつくされている感じ。年度末に棚卸しすると結構な額になるらしい。

 

あわせて読みたい
スーパー銭湯・休業・おふろの王様・西村大臣
スーパー銭湯・休業・おふろの王様・西村大臣 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});【スーパー銭湯・休業・おふろの王様・西村大臣】東京都は2020年4月13日、新型コロナウイルスの感染拡大を受...
Furublog
指宿温泉・吟松【錦江湾の絶景を楽しむ露天風呂】 | Furublog
指宿温泉・吟松【錦江湾の絶景を楽しむ露天風呂】 | Furublog (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});指宿温泉・吟松【錦江湾の絶景を楽しむ露天風呂】久しぶりの鹿児島。指宿は一度は行ってみたいとかねがね思って...

コメント

コメントする

目次
閉じる