【フランス紀行】パリのマクドナルドのアメリカ人

目次

【フランス紀行】パリのマクドナルドのアメリカ人

パリでの宿泊は予約をミスして、急遽ホテルの従業員に言って違うホテルを予約してもらった。

120EURで共同トイレのホテルで1泊過ごす。こんな質のホテルがこの値段で。

他のホテルが満室だから、このシーズンでもパリの需要は衰えない。

GARE DE L’ESTのマクドナルドで朝食。韓国系の店員とアメリカ人と思われる夫婦客のやりとりが面白い。

エッグ&ベーコンを3.5ドルと呼び、エッグの焼き方をウェルダンと注文するご婦人。

マクドナルドに来たことがないのだろうか。

ご主人は「Do you understand?」とご婦人を擁護する。

「ナプキンをくれ」とご主人。

トレイにあるのを店員に指摘されると、「もう2枚くれ」とさらに要求。

テーブルを拭くのに必要だからと必死に自分がトレイのナプキンを気づかなかったことを言い訳する。

一度席についた夫人がまた戻ってきて、「砂糖とケチャップをくれ、いくらだ?」と聞く。

なんでも有料が染み付いているのだろう。

もちろん店員はお金を要求しない。

マックで少しパソコンを打ち、ルーブル美術館へむかう。パリの地下鉄は慣れたものだ。グーグルマップで地下鉄の乗り継ぎが出てくる。

外国人に地下鉄の乗り方を聞かれたが、教えられるほどに。ネットがつながれば楽勝である。

マクドナルドをもっと詳しく知りたいという方に

書籍:アマゾン公式サイト


成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)

映画:アマゾン公式サイト


ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(字幕版)
あわせて読みたい
【パリ紀行】フランスで体験したストライキとルイ16世
【パリ紀行】フランスで体験したストライキとルイ16世【【パリ紀行】フランスで体験したストライキとルイ16世】2018年のフランスは本当にストライキの頻度が多い時期だった。日本語を教える教師のアシスタントで、リールに...
あわせて読みたい
フランス長屋生活【シェアハウスで学ぶ文化の違い】
フランス長屋生活【シェアハウスで学ぶ文化の違い】【フランス長屋生活【シェアハウスで学ぶ文化の違い】】2017年8月16日、ようやく北フランスのRoubaix(ルーベ)に到着する。ヨーロッパの大学は9月から始まり、5月で終...
Furublog
フランスの長屋生活【クレープパーティ・バレンタイン】 | Furublog
フランスの長屋生活【クレープパーティ・バレンタイン】 | Furublogフランスの長屋生活【クレープパーティ・バレンタイン】最近、日本でも義理チョコというのがなくなって良かったなーと思う。で、会社なんかでバレンタインデーの様子を見て...
Furublog
ブローニュ=シュル=メール(Boulogne-sur-Mer)の強盗事件(フランス紀行) | Furublog
ブローニュ=シュル=メール(Boulogne-sur-Mer)の強盗事件(フランス紀行) | Furublogブローニュ=シュル=メール(フランス)の強盗事件そうですね。やっぱり日本に比べると治安が悪いですね。警察の対応も違いますし。今回はフランスで遭遇した強盗の体験を...

コメント

コメントする

目次
閉じる