MENU

東京・海鮮居酒屋【コンシェルジェのおすすめ5選】

2020 2/06
東京・海鮮居酒屋【コンシェルジェのおすすめ5選】
目次

東京・海鮮居酒屋【コンシェルジェのおすすめ5選】

東京で美味しい海鮮をリーズナブルに食べたい。日本海の身の引き締まった魚を食べていたように、東京でもリーズナブルに美味しい海鮮を味わいたいというご要望にお応えします。

東京で30年に渡り営業をされている会社のコンシェルジェからのおすすめです。昨晩も美味しい海鮮のお店に連れて行って頂きました。

という事で、読者の皆様にもおっそわけの気持ちとしました、少し紹介させて頂きます。

  • あじろ 定置網 品川店
  • 浜貞 (神田)
  • 土佐 ダイニング おきゃく (銀座)
  • 新日ノ基(日比谷)
  • 築地のさかな屋 銀座店

 

あじろ 定置網 品川店

Screenshot of www.ajirogyogyou.com

Screenshot of retty.me

水産系国立の名門、東京海洋大学のたもとにあります。品川駅の港南口の方から歩いて5分ほどでアクセスに便利なところにあります。訪問日に頂いた刺身はマンボーの酢味噌あえや糸引き鯛など変わり種が多く、3000円のコースで煮付けや焼き魚、海鮮丼(小)もついてお腹がいっぱいです。日本酒の種類も豊富で、三重県のじこんなど普段がお目にかかれないお酒と美味しい海鮮料理が出迎えてくれます。平日でも混んでいるので予約をして言った方が安全かもしれません。

浜貞 神田

Screenshot of retty.me

訪問日には金目鯛、カワハギ、アジの刺身に、牡蠣の蒸し焼き、コチの天ぷらなど注文しました。少し寒い事もあり、日本酒のぬる燗を合わせました。アジの残は、骨せんべいに、カワハギの残は、味噌汁にして後から出してくれます。金沢出身者は舌が肥えていると言われておりますが、どの海鮮料理も美味しかったです。寡黙な大将の包丁捌きが、まあ早いこと、、早いこと。

詳しい情報は下記の記事をご覧ください。

Furublog
神田の浜貞【新鮮な魚介類を堪能】 | Furublog
神田の浜貞【新鮮な魚介類を堪能】 | Furublog神田の浜貞【新鮮な魚介類を堪能】こんにちは。昨日はクリスマスでしたね。今週で、仕事納めの方が多いかと思いますが、いかがお過ごしですか?クリスマスの季節になるとパ...

土佐 ダイニング おきゃく

Screenshot of www.marugotokochi.com

銀座にある高知アンテナショップの2Fにあります。銀座にありながら本格派の高知の海鮮メニューをリーズナブルに頂けます。名物・わら焼きのカツオのたたきは厚切りで食べ応え十分です。まずは銀座で高知料理を堪能したあとは、東京羽田から1時間ほどで行ける土佐坂本龍馬空港へ行かれて見ては如何でしょうか?高知の帯屋町商店街にある居酒屋へ足を運べば、隣に座った土佐の酒豪がご馳走してくれるかもしれません。

新日ノ基 (しんひのもと)日比谷

Screenshot of shin-hinomoto.com

銀座近辺でリーズナブルに海鮮を楽しみたいいう方はもってこいです。有楽町のガード下で営業をはじめ60年以上の歴史持つ、知る人ぞ知るお店です。庶民的であり、賑やかなお店を取り仕切るのはイギリス人のアンディーさん。イギリス人の名物店主です。キャリア40年以上の料理人が腕をふるう料理はボリューム満点で、質と量ともにお父さんの胃袋を満たしてくれるでしょう。

築地のさかな屋 銀座店

Screenshot of www.nakajimasuisan.co.jp

築地のさかな屋

 

銀座8丁目にある高級感漂うお店です。創業80年の鮮魚専門会社「中島水産」が経営する海鮮料理屋の一つです。立地的に銀座のホステスさんが同伴で使用されたり、ちょっとお金に余裕のある外国人が客層として多いお店です。アワビのいいのが入荷していれば、刺し身やバター焼き、白ワインのいいのを見繕って、アジフライなどなど、刺し身も豪勢に行っちゃって下さい。

 

 

この記事を書いた人

自由度の高い発信を求めて2019年11月よりFurublogを開設。雑誌や新聞で幅広く活躍中。鮮魚店配達、料理人、うどん打ち、電気工事士、デパートの早朝掃除、事業開発など様々な職種を経験。フランス留学、食文化、温泉、時事ネタなど独自の視点で発信。

コメント

コメントする

目次
閉じる