川湯温泉・期間限定の仙人風呂【熊野の本宮から5分】

目次

川湯温泉・期間限定の仙人風呂【熊野本宮から5分】

世間を騒がしている風邪のせいで人が少ないのか、雨のせいかわからないが、ペンションの客は私一人だけで、家族風呂を貸し切りで使用できた。

塩分と硫黄分が感じられる温泉で、源泉掛け流し、43度くらいと源泉の温度が熱いので、好みにあった温度にするべくたっぷりと水を足した。

外が寒いので5、6回入っただろうか。皮膚がヒリヒリしてきた。

いつも旅は気ままに行き先を決めないで、宿だけ決めて向かう。

ここ川湯温泉から熊野本宮は車で5分ほどで行けると知って、せっかくなので、お参りしてから帰る事にした。

本宮は7年ぶりくらいだろうか。こんなに近くにいい宿があったなら前回も泊まれば良かったと思いつつ。

車で坂道を上がると駐車場があり、歩いて3分で本宮大社に辿りつく。昔は、熊野古道を伝って、何日もかけて辿りついたのに、歩いて3分では有り難みも薄れるだろう。

銀行員の方とたまたま話す機会があったが、最近は銀行員は人気の職業でなくなったとのこと。大卒者のトップ10にはもう銀行員は見当たらない。

理由としては、PaypayやLine Payなどのキャッシュレスが広まり、これまで銀行員がやっていた仕事がだんだん減ってきて、人の増員が見込めなくなった事が挙げられるそうだ。

お賽銭もPaypayでできるところがあるいっていたが、熊野本宮ではそうなってなかった。お賽銭をPaypayで支払った後に「ペイペイ」と音がなったら、これまたありがたみが薄れるだろう。

どなたかお賽銭のキャッシュレスを見かけた方がいたら教えてください。

西洋人の参拝者が多い。熊野本宮大社。

昨日の雨で、神社の方々が傘を外で乾かす。なんとも可愛らしい風景。

八咫烏ポストへ手紙を出すと、特別のスタンプを教えしてくれるらしい。サッカー日本代表のマークにも利用されている。

あわせて読みたい
川湯温泉・期間限定の仙人風呂【ペンションから眺める秘湯】
川湯温泉・期間限定の仙人風呂【ペンションから眺める秘湯】【川湯温泉・期間限定の仙人風呂【ペンションから眺める秘湯】】雨が降り続く日曜。新幹線で東京から名古屋で下車し、近鉄ライナーに乗り換える。津市でレンタカーを借...

コメント

コメントする

目次
閉じる