【2020/毎日登山レポート・大晦日から元旦・初日の出・最後の仕事・大雪警報・菊水山山頂 vol.13】

目次

【2020/毎日登山レポート・大晦日から元旦・初日の出・最後の仕事・大雪警報・菊水山山頂 vol.13】

2020年12月31日(木)7時50分 晴 気温マイナス1度 (菊水山山頂)

今年最後の大仕事

神戸アルプスへの早朝登山

昨晩から雪が降り始めた神戸市内

屋根に薄らっと積もった雪が街を白く彩る

いつもの坂から神戸市内を一望する

朝7時前の東山商店街は最後の大仕事に向けて賑やかだった

質のいいものを安く求める地元の人に愛される商店街

巣篭もりで過ごそうとする人が

近所の豆福に長い行列を作る

1番の売れ筋は豆ミックス

500円分を袋につめてもらい、ハイボールのあてにした

頂上に辿り着く前に太陽が顔を出す

燃えるように真っ赤に山を染める

太陽があるから生きている

白く染まった石井ダムの橋

足跡は今日一番ノリの白パンのおじさん

六甲全山縦走コースでウルトラランナーを苦しめる

お菊さんの急な登り坂を登っている最中に

菊水ゴルフカントリークラブの山から太陽が顔を出す

展望台に辿り着く頃には太陽があんなにも上がっている

明日は初日の出のみにくる人が多いだろう

世間のイベントは全く気にしない筆者

世の中には表と裏がある

人々を動かすイベントはおおよそまやかし

なんで1月1日の太陽が尊いのか

毎日出てくる太陽が尊いでしょ

真っ白に染まった菊水山山頂

白く積もった雪の量をみて、今日はベンチに座るのをあきらめた

これが大晦日の菊水山

毎日ありがとう

感謝

2020年1月1日(金)7時27分 晴 気温0度 (菊水山山頂)

2020年1月1日(金)7時27分 晴 気温0度 (菊水山山頂)

これが正月のパワーってやつか!

昨日まで雪が舞っていた神戸

最近はいい日の出が見れない日が続いたのに

この天気

皆の力が結集されて、こんな日の出がみられる天気になったのか

午前6時40分のいつもの登り坂

今日は2人の男性が初日の出をみようと待ち構えている

筆者は山頂までいくので

シャッターを1回だけ押して先へ急ぐ

真っ赤に燃えるような空に

今日の日の出は美しい彩を見せてくれるものと確信する

お菊さんの心臓破りの階段を登っている最中に

お日様が顔を覗かせる

最近訪問した安来市の足立美術館の横山大観の水墨画たち

大観、ごめんよ

どんな画も芸術も自然の美しさには敵わない

そう気付いた今日このごろ

今日は足が軽いは

家から展望台まで54分で着いている

日の出に間に合うように

7時26分に展望台につく

もうすでに日の出をみて帰る人たちも

こんなに人がいっぱいの早朝の菊水山山頂は初めて

神々しいわ

山頂は人がいっぱい

お祭り騒ぎのようだ

朝なのに「こんにちは」と挨拶してくる子供たち

こちらも「こんには」と返す

見るからに中学生の男ども

「中学生?」と聞くと

「はい」という返事

「元気やな」

元旦だけでなく

自然と毎日触れないなさい

世の中の喧騒から離れて

今日は一段と綺麗に清掃された不動明王さん周辺

朝から落ち葉をはき、清める

ゴルフクラブのドライバーを持った老紳士

もういいかい

火が消えるまで

まあだだよ

追伸:

初日の出の写真は、元旦から働く本ブログの大ファンである東京のEさんに捧ぐ

2020年1月3日(日)7時30分 晴 気温1度 (菊水山山頂)

2020年1月3日(日)7時30分 晴 気温1度 (菊水山山頂)

元旦のあの人の集まりは異常だったな

平静を取り戻した菊水山山頂はいつもの様相を保っている

午前6時30分 市中薄明

真っ赤に燃え盛るように空を染める

登り階段の途中に日の出を迎える

今日も展望台まで間に合わんたな

朝6時には家を出ないと

ゴルぐ場の鉄塔を通して見る太陽

午前7時30分

展望台に着いた頃には太陽がもうあんなに高く登っている

2021年はいい天気が続くな

2020年1月4日(月)7時09分 晴 気温1度 (菊水山山頂)

2020年1月4日(月)7時09分 晴 気温1度 (菊水山山頂)

寒い朝だった。

どれだけ眠れるんだろう

10時間以上は

眠るのも体力いるんだよ

午前6時の神戸市内を一望する

まだ薄暗くヘッドライトがいる

こんな時間でもすでに散歩やランニングしている人たちがいる

大阪、和歌山方面の雲が厚く日の出見れない日だった

あの元旦の日の出が異常と言ってもいいだろう

人々の想いが空に通じたような

いつもの3人衆

日の出を待ちわびるが、今日はないとしると早々に引き上げる

経験豊富な方達は見切りをつけるのも早い

雲の切間からほんの少し顔を覗かしただけで

暖かさが伝わる太陽の偉大さ

「太陽が凍りついても僕と君だけは消えないで」というビーズの歌があったけど

若い男女の恋愛は時に人を盲目にするのだろう

さあ、帰りの坂で太陽がにじり浮かんできた

感謝

2020年1月6日(水)8時13分 晴 気温???度 (菊水山山頂)

2020年1月6日(水)8時13分 晴 気温???度 (菊水山山頂)

あの三ヶ日の晴れた日はなんだったんだろう

人々の願いが届いてあれだけの日の出を見せてくれたように

最近は雲の厚い日が続く

いつも坂からみる神戸市内

真っ赤に燃えているように空を赤く染める太陽

午前7時20分

遅めの出発

久しぶりにミチキタに会えるかなっと思って

1月5日からは東山商店街も仕事始めのところが多く

久々に荒井鮮魚店の刺身をつまみに晩酌

山田洋二監督の映画「隠し剣 鬼の爪」が面白かった

永瀬正敏、松たか子、緒方拳の芝居が良かったなー

六甲全山縦走コースの難所の一つ

お菊さんの急登り坂を駆け上がる最中にお日さんが顔を出す

健康を保つには四大、太陽、空気、水、土の利用が欠かせない

自然から遠ざかった現代人は何を怯えて暮らしているんだろう

山頂に上がったが、みちきたやいつもの体操ご婦人がいなかった

裸足で体操して早々に引き上げる

帰りに神々しい顔をする毎日登山のご夫婦にあい

「雪山行ってきたんか?」って声をかけられる

やっぱり気になってたんだ

2020年1月7日(木)8時13分 雪 気温2度 (菊水山山頂)

2020年1月7日(木)8時13分 雪 気温2度 (菊水山山頂)

山田洋二監督の「隠し剣 鬼の爪」と「たそがれ清兵衛」を晩酌に2日連続で鑑賞

2つの作品とも同じパターンだけど面白い

毎朝の登山もパターンは決まっているんだけど

毎日、季節は変わって行くし、自分の体も変わって行く

これは体を揺すってやる、つまり外乱を入れてやらないとわからない

今日は雪がちらつく神戸市内

寒さの為か、頂上には誰もいなかった

日の出も見れなかったな

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる