【2020/日の出・毎日登山レポート】六甲全山縦走コース・菊水山山頂 vol.7】

目次

【2020/日の出・毎日登山レポート】六甲全山縦走コース・菊水山山頂 vol.7】

2020年12月14日(月)7時15分 晴 気温3度 (菊水山山頂)

朝5時に目覚めて「寝過ごしたー」

と思うほど

最近は早くに起きて、日の出を拝むのが日課になった

その分、寝るのも早い

夜の7時か8時に寝ているだろう

朝6時の神戸市内

本日は曇りでお日さんは見れないだろう

ふと、疑問に思った

日の出の定義ってなんだろう?

だって、天気予報には神戸市の日の出時間は午前6時55分となっているのに

山頂からは日の出が見えない

国立天文台のホームページを見ると、このように定義してあった。

太陽の上辺じょうへんが視地平線 (または水平線) に一致する時刻を、日の出・日の入りの時刻と定義しています。

  • つまり、太陽の姿が見え始める時刻が日の出、見えなくなる時刻が日の入りです。
  • 大気の影響により地平線 (または水平線) が浮き上がって見える効果=地平大気差を35′8″としています。
  • 日の出入りの方向に山・堤防・ビルなど障害物があっても考慮には入れません。
    • したがって、山影に入るから日の出が遅いとか、障害物がない方向に来る時だけ日の出が早いとか、といったことにはなりません。

神戸から太陽が顔を出すのが見えるには、遥か向こうの大阪、奈良の山々、雲を上がってこなければない。

しかし、この障害物は考慮に入れない事になっているそうだ。

日の出を実際に見たことがある人であればわかると思うが、そのときの空は、少々薄暗く

屋外で明かりが必要なほど暗い状態ではない。

つまりは、そろそろヘッドランプの明かりを消そうかなっという時

ちょっと顔を出しただけど、周りが薄明るくなる状態

太陽の偉大さを感じる瞬間

これを「薄明」(日の出前の空が薄明るい状態)という。

今日から来週の雪山練習をかねて

ヘルメット、リュック、アウターを着込んで菊水山に登る

登山靴は3日目にして、ようやく足が慣れてきた

これらの装備を身に着けるだけで、暑い

汗だくで頂上に辿りつく

1時間17分も要した

雪山登山にヘルメットはマストとの事で、モンベルのL.W.アルパインヘルメットを購入。

同じくアルパインヘルメットはフリーサイズで頭が入らず断念。

L.W.は軽量タイプでめちゃ軽い。

夏も使用を考えて、色は暖色を避けて白にした。

ヘッドランプの付属のフックを使用せず

ヘルメットに装着できるのが便利

日の出の彩が見れない時は

頂上にはおおよそ人がいない事もわかった

午前8時ごろの神戸市市街地

太陽は顔を出さないが

随分と明るくなった

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる